足の黒ずみの具体的な症状と原因【まとめ】

 

足に黒ずみがいつの間にか出来てしまっていることがあります。その原因にはいろいろなものがありますが、黒ずみの原因になっていることで多いのが摩擦です。日常の生活のなかで足の黒ずみの原因になるものというと、過剰な刺激を受けた皮膚が細胞を守るためにメラノサイトという成分だといいます。

 

簡単にいえば、日焼けをしてしまったときに細胞を守る際に分泌される成分と同じものが足で黒ずみになってしまっている、と考えるといいのです。つまり、日焼けと同じ症状なのです。

 

正座などで足の甲などに刺激を与え続けてしまったり、摩擦を繰り返してしまうと、その症状がひどくなってしまい、黒ずみになってしまうのです。なので、症状を軽くして、少しずつでも改善していくためには、まずは足の黒ずみがあるところに刺激を与えないようにしておくことが大切です。

 

正座をなるべくしないように気をつけて、サンダルなどはヒモのようなこすれるタイプのものではなく、足を覆う感じのものをはくようにしておきます。普段の日常生活でも黒ずみの原因になる行動というのはたくさんあります。なので、それらをできるだけ避けるようにして、肌を落ち着かせることも大切です。

 

黒ずみを解消するためのポイントとして、肌の代謝を上げるということが大切です。そのためには、まずは保湿をしっかりと行うことと乾燥しないようにしておくことです。保湿は肌の代謝を上げる効果があるので、代謝を上げると新しい細胞が作られることで肌を生まれ変わらせることができて、きれいな状態に戻していくことができるのです。

 

それとは反対で、肌が乾燥している状態が続くと、角質層ができてしまいます。なので、肌の再生力が奪われてしまい、症状が悪化してしまうことがある、ということで、保湿をしっかりとして乾燥しないようにしていくようにするといいということです。

 

具体的には肌をとにかく乾燥させないようにしておくことが大切なので、お風呂上りなどの乾燥しやすいときには、すぐに保湿できるクリームやローションなどをつけるようにしたり、マッサージなどで肌の老廃物を流すようにしておくといいです。

 

マッサージをすると、老廃物を流す効果と同時に血行もよくなっていくので、足の細胞に栄養がいきわたるようになるということです。簡単にさすったりするだけでもマッサージの効果があるので、保湿をするときに一緒に行うようにしておくといいです。肌を柔らかくするようにして、刺激を与えないようにしておく、というのを覚えておきます

 

 

足の黒ずみを解消するクリームはこちら >>