ムダ毛処理と黒ずみの関係

 

足のムダ毛処理は、女性にとっては永遠のテーマと言えます。今世の中には、脱毛の方法は多種多様あり、家で行う、エステで行う、皮フ科で行うなどの場所の選択の他に、カミソリや毛抜き、家庭用脱毛器の使用、光やレーザー脱毛など、一口にムダ毛処理と言っても様々です。

 

いずれも方法でも足の毛がなくなることが目的ですが、その後に起こる様々なお肌のトラブルは困り者です。よく間違った脱毛をすることで、毛はなくなるものの肌がボロボロとなるケースが多いです。

 

その中の一つの黒ずみは、肌が傷つくことで、メラニン色素が肌を防御するために分泌され、肌が黒くなります。メラニン色素と言えば、紫外線で日焼けをしてしまう時によく耳にするものですが、脱毛で肌が刺激を受けることで言えば同じことです。ムダ毛処理のために行うことが、返って肌に悪いことで、違うトラブルが起きてしまう事もあり、そうならないためにもエステなどでの脱毛が良いとも言えます。

 

例えば、カミソリなどの脱毛は、足の毛そのものだけではなく、皮膚の一部を傷つけることになります。シェービングクリームを付けなかったり、脱毛後のアフターケアを怠ることで、肌は傷ついたままになり、黒くなってしまいます。カミソリと言えば、足だけではなく、脇毛のケアにも使用する方が多いですが、よく見ると黒ずみができていることもあります。

 

ですから、ムダ毛処理をする時には、その後に肌を傷つけない方法を選択することが必要です。エステや皮フ科での施術の場合、アフターケアは徹底して行うことができますが、自宅ではなかなかできないことも多いです。それでもどうしても自宅でのムダ毛処理を行いたい時には、肌に刺激を与えない方法を選ぶことが大切です。

 

黒ずみを作らない方法として、脱毛クリームなどの使用が挙げられます。肌に良い成分が含まれているものも多く、肌に低刺激です。ただし、うまくいかない、残ってしまうなどのデメリットもありますが、肌には良い脱毛方法です。

 

お風呂でできるものも多く、シャワーで流すことで簡単にキレイに仕上がり、黒ずみになることもありません。また、カミソリを使用する時にしても、脱毛前後に保湿を怠らないケアを行うことで、トラブルを防ぐことができます。黒ずみについて言えば、ムダ毛処理の時の肌への刺激が大きな原因です。

 

肌に刺激を与えることがなければ、黒ずみを作らずキレイな肌でいられるということです。普段のスキンケア以上に気を遣うことをお勧めします。

 

 

足の黒ずみを解消するクリームはこちら >>